いぼを切除すればメイクの邪魔にならない【美容外科などで取り除く】

サイトメニュー

病院で確実に治しましょう

診察

綺麗に治すなら美容皮膚科

体中の皮膚では良く首や顔などにポツリポツリと目立つようになります。これがいわゆる「いぼ」になりますが、幾つかの種類があり代表的なものはHPV(ヒトパピローマウイルス)に感染するウイルス性のものと、加齢により発生する種類があります。感染性のあるタイプでは潰れた内容液が他人の皮膚に接触するとうつしてしまったり、自分の身体の他の部位に出来てしまったりします。しかし素人目には感染性のあるものか否かは、わからないのでむやみにさわったりいじったりするのは控えるべきです。尤も非感染性のものであっても、特に高齢者の顔にできるいぼでは、前がん状態の場合もあるので、自覚症状が無いからといって放置するのはお勧めできません。そこで治療に取り組むことになりますが、一番確実なのは単純切除する方法です。首に小さないぼが多発するタイプでは、サイズが小さく医療用ハサミやメスなどで簡単に取り除くことが出来ます。切除術のすぐれているのはサイズの大小にかかわらず確実に取り除くことができる点にあります。手術自体は局所麻酔で入院するまでもなく、日帰りで受けることが出来ます。ただし局所麻酔をすることになるので、自動車を自分で運転するなどは避けて下さい。御家族で自家用車で送迎してもらうか、タクシーを使用したりバスや鉄道などの公共交通機関を利用したりすることを検討しましょう。申し込みに当たっては事前の予約が必要です。いきなり医療機関を受診して、その日に切除を行うのは、事前準備の兼ね合いもあるので難しいのが一般的です。皮膚の状態で手術法も変化するので、余裕を持って治療計画を心がけてください。出来てしまうと見た目にも気になる、いぼですが、市販薬による治療では確実性が低いので病院やクリニックなどの医療機関を受診して治療を受けるのが確実です。切除手術は一般的な治療法で皮膚科であればどこでも受けることが出来、保険適用を受けることができるので、2000-3000円程度の自己負担で手術を受けることが出来ます。ただしどこで治療を受けるのか、診療科目の問題があります。一般皮膚科ではとりあえず身体の疾患を治すことを主眼にしているので、審美的には必ずしも配慮されない場合があります。そこでいぼの治療に力を入れている皮膚科専門医の元で治療をうけるか、美容皮膚クリニックを受診することをお勧めします。美容皮膚科は単に治療するだけでなく、仕上がりの綺麗さを重視した方法が提供されています。確かに自由診療になる事も多く、費用は高めになるのは確かです。しかし美容皮膚科では、保険適用の枠内に止まらず、各種のレーザー治療装置による施術も選択肢に選べるので治療の幅が広がるのはメリットです。いずれにせよ治療では切除にせよ、事前の検査や手術に抜糸など数回程度は通院することになるので、交通アクセスの良好な点も病院選びでは重要です。ましてやレーザー治療などではある程度、継続的に通うことになるので自宅や職場近くに立地しているのが理想的です。インターネットなどで専門などを調べてみて、とりあえず受診してみてください。もし自分に合わないと印象を持ったら、「今回は様子見します」と伝え他のクリニックを探せば問題ありません。

Copyright© 2018 いぼを切除すればメイクの邪魔にならない【美容外科などで取り除く】 All Rights Reserved.